火災保険を適用したリフォーム・修繕は火災以外にも使える?

 

住宅の火災保険は、建物が火災にあった場合に補償をしてもらえる損害保険のことです。


補償対象として火災保険が適用されると、リフォームや修理費用の自己負担金が軽減できるというメリットがあります。

この火災保険、保険が適用されるのは火災による被害時だけはないことをご存知ですか?実は大半の場合において、強風、大雨、洪水、高潮、波浪などの風水害や雪害といった自然災害に対しても補償されます。

今回は火災保険を使用したリフォームや修繕についてご紹介いたします。




■知っておきたい、リフォームと修繕の違い



まず、リフォームと修繕は何が違うのでしょう? 


修繕は台風で屋根が壊れて雨漏りがしたり、外壁が損壊してしまったなど、直さないと生活に支障が生じてしまう工事を意味します。

対してリフォームは、古い水回り設備を交換したり、壁や床などのインテリアを新調するといった幅広い意味での改修工事で、このリフォームに修繕も含まれます。したがって、火災保険が適用されるのは、あくまで自然災害による「修繕」で、経年で壁紙が汚れてきたから新しいクロスに張り替えたいというようなリフォームは、火災保険の対象にならないことは頭に入れておきましょう。


また加入する保険によっては水災に関しては対象外というものもあるので、加入時には契約内容の細部まできちんとチェックしておきましょう。ちなみに住宅の火災保険の保障は、「家財」と「建物」にわかれています。それぞれ別に契約が必要になることもお忘れなく。




■火災保険を利用してできる修繕とは?



では実際に火災保険を適用して、どのような修繕が可能なのでしょう。

例えば屋根で言うと、台風や竜巻などの強風や大雪・雹屋などによる屋根瓦の破損や、スレート屋根が浮きなどが挙げられます。また雨樋の破損、ベランダ屋根やガレージの被害、フェンスの倒壊なども対象になります。


注意したいのが、経年劣化なので仕方ないと最初から諦めてしまうケース。確かに雨樋など日頃さほど目に留めない箇所は、もともと不具合があったのか、自然災害を機に不具合が生じたのか判断しづらいですよね。

ただ、経年によるものと諦めずに、まずは保険を申請してみましょう。保険会社から第三者機関に調査が依頼され、100%経年劣化によるものという判断がなされなければ、保険が適用されるケースもあります。


また申請自体は個人でも可能ですが、屋根関係は被害にあったら、保険会社あるいは代理店に連絡することをおすすめします。申請に際しては被害写真を提出しなければなりませんが、実際に屋根に登らないと撮れない場合ですと、ケガをしては元も子もありません。




■強引な勧誘には注意! 火災保険のよくあるトラブル



火災保険に関するリフォームでよくあるトラブルは、「火災保険を使って自己負担ゼロでリフォームできます」といった勧誘です。上記でリフォームと修繕の違いについてご説明しましたが、自己負担ゼロと言われて契約したのに、実は対象外の部分が多く結局自己負担にせざるを得なかったという例や、強引に契約を迫られて解約しようとしたら、べらぼうな解約料や申請代行料をとられたという被害が実際に起きています。そもそも誠実な業者ならば、このような突然の訪問による強引な勧誘はいたしません。



ナックプランニングは埼玉県戸田市に本社を構え、浦和支店・東京本部・神奈川支店・千葉支店・成田支店と関東圏内に拠点を構え、幅広くリフォーム工事を手がけております。

昨年の台風で影響を受けられたお住まいの修繕・リフォームはもとより、過去に火災保険を使用して修繕した実績が多数ございます。修繕を機に、以前から気になっていた水回りやインテリアなどのリフォームもあわせて行われるお客様もいらっしゃいますので、気になる点がございましたらお気軽にご相談下さい。