目的に合せた部屋のリフォーム方法

 

床に布団を敷いて眠っていたけれど、ベッドを使うようになったので和室を洋室に変えたい。 リビングと隣の和室をつなげて1部屋にしたい。 子どもが成長したので、1つの部屋を2つの子ども部屋にしたい。 家を建ててから10年、20年経つと、住む人の生活スタイルも変わってきます。 住みやすいようにしっかり計画をして家を建てたのに、年数が経過して家族構成が変わったり、年をとったりしたことで、今の家が住みにくいと感じるようになったという人が多いようです。 また、住んでいる家族だけではなく、家も年数とともに様々な部分に変化が生じてきます。 壁や天井など内装材の汚れや傷が目立つようになったり、床が沈んだり床が鳴ったりすると気になりますよね。 特に寝室や居間など、一日のうちでも多くの時間を過ごす部屋は居心地の良い空間にしたいものです。 快適な暮らしを手に入れるために、部屋をリフォームしたいと考えるのではないでしょうか?  

部屋のリフォームを行う前に知っておいてほしいこと

  和室から洋室に変えたい、リビングと隣の和室を一部屋にしたい、1つの部屋を2つの子ども部屋にしたいなど、使い勝手やデザインをよくしたいと考えて、部屋の間取り変更を希望する方がいます。 部屋がきれいになるし、暮らしやすくなるので、早くリフォームしたいと考えるかもしれません。 けれど、大きな変更をするときは、注意をしないとうっかり見落としてしまうことがあるのです。 せっかくリフォームをしたのに、以前より使い勝手が悪くなるという場合も……。 では、満足できる部屋のリフォームをするためには、どうしたらいいのでしょうか? どのような暮らしをしたいのか。使う人が快適に過ごせるか。 そのことを意識しながら目的を明確にすると、心地よく暮らせる部屋にするためのリフォーム方法が見えてきますよ。

次回から、部屋のリフォームを行うときに注意してほしい点について【バリアフリー】【使い勝手】【デザイン】の3つにわけて紹介していきます。 第一回は、暮らしやすい部屋にリフォームする方法 【目的に合せた部屋のリフォーム方法~バリアフリー編】 第二回は、部屋の間取りを変更するリフォーム方法 【目的に合せた部屋のリフォーム方法~使い勝手】 第三回は、部屋の雰囲気を変えたいときのリフォーム方法 【目的に合せた部屋のリフォーム方法~デザイン編】 居心地のよい部屋を手に入れるためのリフォーム方法について、順番にお伝えいたします。