コロナ禍でリフォームが増加!プチリフォームで快適なおうちにしよう

 

新型コロナウイルスの影響により、自宅で過ごす時間が多くなった現在、自宅をリフォームする方が増えています。「おうち時間」を快適にするためのリフォームはもちろん、感染対策としての換気機能強化やリモートワーク用のスペースの設置など、その内容は多彩です。今回は、コロナ禍で人気となっているプチリフォームをご紹介します。


■換気など、ウイルス対策のリフォームが急増



新型コロナウイルスの感染拡大以降、感染対策として重視されているのが換気です。オフィスや飲食店はもちろん、一般の住宅も例外ではなく、古い換気扇を熱交換機能付きや24時間換気機能付きの換気扇へリフォームするご依頼が増加しました。当分は新型コロナの影響が続くと想定して、より安全な環境にしたいとお考えの方が多いようです。


その他、抗ウイルス効果のある壁紙や床材へのリフォームも増加しています。全体的に、大掛かりなリフォームではなく「プチリフォーム」が多いのが特徴です。新型コロナの影響で経済活動が停滞し、今後の収入に不安を感じる方が増えた結果、費用がそこまでかからないプチリフォームが選択されるようになったのかもしれません。


■テレワークにより「おうちオフィス化計画」が進む



感染対策の一環として推奨されているのが、オフィス以外の場所で仕事をするテレワークです。感染拡大から1年以上が経ち、長い間ご自宅での仕事を余儀なくされている方も多いでしょう。その結果、自宅でもより快適に仕事ができるよう、テレワーク用スペースの設置などのリフォームをする方が増えています。


テレワークを始めた当初は「一時的なものだから」と考え、自宅のリフォームまでは検討しなかった方が多いかもしれません。しかし、感染が落ち着いたりまた拡大したりが繰り返されている現状では、テレワークも当面付き合わざるを得ないものだと考える必要があります。この機会に、「おうちのオフィス化」を進めるのがおすすめです。


■リフォームをすれば、おうち時間がより楽しくなる



ここまでご紹介したもの以外にも、節水トイレへの交換やクロスの張替えといったプチリフォームも人気です。以前の記事でもご紹介しましたが、接触リスクを減らす機能門柱(https://www.nackplanning.co.jp/blog/reformcolumn/123562)なども注目されています。在宅時間が増えたことで自宅設備の重要度が増し、長年放置してきた不具合や古くなった箇所を新しくしておきたいと考える方が増加しているようです。


リフォームをすれば生活が快適になるだけでなく、おしゃれな空間にもなり、おうち時間がより楽しくなるでしょう。さらに、プチリフォームをしたい場所が複数あるなら、セットでリフォームを依頼すると費用が抑えられます。今のうちに不具合のある箇所をまとめてリフォームし、コロナ禍でも明るく生活できるようにしてみてはいかがでしょうか。


ナックプランニングでは埼玉県戸田市を拠点に、浦和支店・東京本部・神奈川支店・千葉支店・成田支店と関東圏内に支店を構えております。テレワークに最適な空間を創るリフォームやウイルス対策のリフォームなどでお悩みであれば、お気軽にご相談ください。