猛暑が続く夏を涼しく! 断熱リフォームのススメ

 


梅雨があければすぐにやってくるのが夏。最近では、「猛暑」というより「酷暑」というほうがぴったりくる暑さで、40°近い日が続くのが当たり前のようになってきました。気象庁の発表によると「今年の夏も近年と同じような暑さが予想される」ということです。

そこで今回は、暑い夏を快適に過ごすための断熱リフォームについてご紹介します。




■熱を断ち、外気温の影響を受けにくくする「断熱」


「断熱」とは、文字が示す通り「熱を断つ」ということです。

暑い夏、いくらエアコンで室内を冷やしても、外の熱気が入ってくれば涼しくなりません。反対に冬の場合は、いくら室内を温めても冷たい外気が入ってくれば、熱を奪われてしまいます。

すなわち断熱とは外からの暑さ・寒さを断ち切って、外気の影響を受けない状態をつくりだすということなのです。これにより室内の温度は安定し、住まいが快適になるのです。




■断熱リフォームにはどんな方法が?



では具体的に「断熱リフォーム」には、どのような方法があるのでしょう?

断熱効果のある塗料を外壁に塗ったり、窓の内側にもう1枚窓を入れて二重窓にする方法がありますが、もっとも一般的なのが、建物自体に断熱材を追加するリフォームです。


これには建物全体を断熱材で包み込む「外断熱」と、壁や天井の内側・床下などに断熱材を入れる「内断熱」の2種類があります。

外断熱は結露が起きにくく気密性にすぐれるメリットをもつ反面、工事費が高くなる傾向や、外壁が厚くなることがあります。

内断熱は外壁の厚みに影響が出ず、コンパクトな敷地でもデザイン性を損ねずに断熱ができ、コスト的にも外断熱に比べてメリットがあります。ただ防湿性・気密性に関しては外断熱に軍配があがります。

外断熱・内断熱をシンプルに比較してみましたが、いずれにせよ断熱性の面では高い効果がありますので、住宅の条件やコスト、お好みで決めるとよいでしょう。




■お財布にもうれしい! 断熱リフォームは省エネ効果も



断熱リフォームをするメリットとして、冷暖房機器の効きがよくなり、少ないエネルギーで快適な室温をキープできるという省エネ効果も挙げられます。冷暖房にかけるエネルギーが少なくなるということは、光熱費なども安くなり、お財布にも嬉しいということ。

特に夏場のエアコンは、電気消費量の約4分の1を占めているという試算も出ているので、断熱リフォームをしていればエアコン代の節約にもなるのです。


また断熱リフォームは国や自治体でさまざまな補助金制度がありますので、上手に活用してお得にリフォームしましょう。




■熱中症の発生場所No.1は住宅。過酷な夏でも健康に



実は日本の夏はアフリカよりも厳しいことをご存じですか? 

1年を通じた気温はアフリカのほうが高いものの、日本と違って湿度が低いのです。本来、人間は暑さに強い生き物なのですが、これは発汗機能で汗をかくことにより人体を冷却できるから。それが日本では湿度が高いために、汗をかいても乾かせず、体を冷やすことができません。

総務省の調査によると、熱中症がもっとも起こりやすいのは住宅で、救急搬送された人の約40%が住宅で熱中症を起こしているそうです。

夏を気持ちよく過ごすだけでなく、健康を守るためにも今一度、住まいの断熱性を見直してみましょう。断熱性を高めることは冬の寒さ対策にもつながり、1年を通じて暑さ・寒さに悩まされずに過ごせるよう住環境を整えます。


ナックプランニングでは埼玉県戸田市を拠点に、浦和支店・東京本部・神奈川支店・千葉支店・成田支店と関東圏内に支店を構えております。暑い夏も快適に過ごしたい、エアコン代が高くて困っているなどのお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。