リビングをリフォームするとき、リビングの家具は移動しないといけないの?

  リビングは家族のくつろぎの場であり、お客様と語らう場でもあります。 家の中で最も活用されているスペースですが、リビングが「狭くて、物が片付かない」という悩みを抱えている方が多いです。 みなさん、リフォームをしてリビングを広くしたいと思っていますが、家具や電化製品など多くの物が置かれているので、リフォーム前の準備が大変そうとおっしゃいます。 それらの物を、リビングから運び出さなければいけないと考えて、リフォームをためらう方もいます。 でも、リビングから家具を運び出さずにリフォームできるとしたらどうでしょう? 今回は、リビングからをリフォームする方法についてお伝えいたします。  

リビングから家具を出さずにリフォームする方法

  リビングには家族が使う物がいろいろ置かれています。 テレビなどの家電製品や、くつろぐためのソファ、中に物が入っている食器棚や本棚などの収納棚。 リビングをリフォームするとき、それらを別の場所に移動しなければいけないと思っている人が多いです。 リビングにある物を出すのも大変だし、それを置く場所もないのでリフォームしたいけれど、リフォームするのは難しいという声を耳にします。 リフォームの内容にもよりますが、リビングにある物を他の場所に移さずにリフォームすることは可能です。 クロスやフローリングの張り替えをするときは、家具が置かれていないところを先にリフォームして、できたところに家具を移動するのです。 リビングの右側を工事して、右側の工事が完了したら左側に置かれている物を右側に移動する。そして、今度はリビングの左側を工事するという流れです。 リビングに置かれている家具などが汚れないように養生して作業をおこないますが、壊れやすい物や貴重品は移動をお願いする場合もあります。 リビングをリフォームしたいけれど、家具の移動が心配という方は、ご相談くださいね。  

  家具を他の部屋に移さずにリフォームできるとはいえ、リビングの中での移動はありますから、リビングにある物の片付けはある程度必要です。 リビングは物が多い場所ですから、他の部屋よりも物を片付ける手間がかかります。 片付けの労力を一度ですむように、リビングのリフォームをするときは数回に分けておこなうのではなく、気になっている部分をまとめてリフォームすることをおすすめします。 家具の移動や物を片付けるのが大変だと感じてリビングのリフォームを迷っている方は、遠慮せずにご相談ください。 移動や片付けの手間を減らし、ストレスなくリフォームができるようなプランをご提案させていただきます。