目的に合わせたトイレのリフォーム方法

  トイレの水が止まらない、ウォッシュレットが壊れた……など。 設備が壊れたことで、トイレのリフォームを検討される方が多いです。 水が止まらなかったり、チョロチョロ出っぱなしになっていたりすると困りますよね。 既存の設備を修理することで対応できない場合は、設備を交換しなければいけません。 トイレが使えないのは、とても不便ですから、早くリフォームしたいと思います。 とはいえ、トイレは頻繁に使用するからこそ、不具合やトラブルも発生しやすい場所。 壊れた設備だけを取り替えれば、いま起きている問題は解決しますが、しばらくすると別の問題が発生するということもあります。 せっかくリフォームをするのですから、より快適に使用できるトイレにしたいもの。 そのために、おさえておきたいポイントがいくつかあります。  

トイレリフォームを行う前に知っておいてほしいこと

  トイレをリフォームするとき、設備だけ変えて、床は変えなくていいという方が多いです。 ただし、トイレの便器は以前のものと形やサイズが変わっています。床を既存のままにしておくと、これまでのトイレの痕が床に残ったままになります。 トイレの設備は新しい物が登場しています。 家を建てるときに選んだ便器と、新しく選ぶ便器のサイズや形が違う場合は、形状を考慮して床のリフォームも検討してください。 トイレのリフォームというと、便器などの設備に意識がいきがちですが、トイレ全体を見てリフォームの計画を行いましょう。 もちろん、どのような設備を選ぶかということは大切です。けれど、トイレはトータルで1つの小さな部屋なのです。ですから、部屋のリフォームを行うと考えて、便器だけではなく床や壁にも視線を向けてみてください。 リフォームしたほうがいい部分が見えてくるので、失敗せずにトイレリフォームをすることができますよ。  

  次回から、快適なトイレ空間を手に入れるためのリフォーム方法を【バリアフリー】【使い勝手】【デザイン】の3つの目的別に別けて紹介していきます。 第一回は、ゆったりと楽に使用できるトイレ空間にするためのリフォーム方法 【目的に合せたトイレのリフォーム方法~バリアフリー編】 第二回は、トラブルをなくし快適に使えるトイレにするためのリフォーム方法 【目的に合せたトイレのリフォーム方法~使い勝手】 第三回は、きれいなトイレを手に入れるためのリフォーム方法 【目的に合せたトイレのリフォーム方法~デザイン編】 トイレは毎日使う場所なので、きれいでゆったりとした空間にしたいですね。 使いやすいトイレにするためのリフォーム方法を順番にお伝えいたします。