手洗いが大切な今だからこそリフォームしたい洗面所

 

まだまだ先の読めない新型コロナウイルスの拡大状況。これまでは何気なく手を洗っていたけれども、今は念入り、かつこまめに手洗いをするのが欠かせない習慣となりました。

また、ワクチンの接種が進んでいますが、未知の変異株が猛威をふるう可能性もありますので、ワクチンを打ったからといって、けっして手洗い・うがいをおろそかにしてはなりません。

そこで注目したいのが、手洗い場のリフォーム。

今回は、今だからこそやりたい、洗面空間のリフォームについてご紹介します。



■手を洗いたくなる洗面スペースにリフォームする



洗面所はその気になれば、いくらでもこだわりを発揮できるスペースです。

メーカーがつくっているシステム洗面化粧台はお手入れもしやすく機能的ですが、デザインにこだわるならオリジナルの造作洗面台もおすすめです。

タイルにはじまり好きな素材や、おしゃれなデザインのシンクをセレクトして、自由に組み合わせて、自分好みの洗面スペースをつくってみましょう。


洗面所は湿気がたまりやすいので、可能ならトップライトや小窓をつけるとよいでしょう。採光・通風が得られて、明るく衛生的な、気持ちのよい空間になります。


共働きでお子さんもいらっしゃるご家庭には、最近ダブルシンクが人気です。

朝は出勤・通学の時間が重なり、洗面所が渋滞状態になることも。ダブルシンクにすれば混雑も解決できます。



■玄関まわりに洗面スペースを新設する



手を洗うための場所といえば、洗面・脱衣室やキッチンが一般的です。

しかし、家の中にできるだけ汚れを持ち込まないためには、家に上がる前に手を洗うのが理想的と言えます。

コロナ禍になってからは、玄関や玄関をあがってすぐの場所に、コンパクトな洗面台とシンクを取り付けるケースが増えています。


帰宅してすぐに手洗い・うがいができるだけでなく、来客や業者など家を訪ねてくる人たちを、洗面所というプライベートな空間に招き入れる必要もありません。

水洗を選ぶなら、蛇口に触れる必要のないタッチレス水洗が衛生的です。



■リビングや2階に洗面スペースを新設するケースも



こまめに手を洗えるように、リビング・ダイニングに洗面台を新設するケースもあります。

わざわざ洗面所に行かなくても、思い立ったらこまめに手を洗えるのが魅力。

手洗いは感染予防のためにも重要ですが、実は気分転換にもなるのです。家事や在宅ワークに煮詰まったら、良い香りのする石けんで手を洗うだけで、リフレッシュできます。


また、小さなお子さまがいるお宅では、コロナ禍以前からダイニングにコンパクトな洗面台を取り付けるケースもありました。

子どもは食事で何かと手が汚れがち。手が汚れたらフキンを何回も使い回すより、さっと水で洗うほうが衛生的ですし、手洗いの習慣もおのずとつきます。


1階がリビングの場合、2階に洗面室を新設するのもおすすめです。2階の個室で作業している時や、バルコニーのそうじなど、さまざまな場面で役立ってくれます。

もし、スペースに余裕があるのなら、姿見を取り付けたり、化粧台も造作してサニタリースペースをつくってみましょう。


2階の寝室で朝、目を覚まし、わざわざ1階の洗面所に降りなくても洗顔・歯磨きができ、身支度も2階で完結します。ホテルライクなデザインにすると、爽やかな気分で過ごせます。



■洗面所のリフォームならナックプランニングへ


洗面所のリフォームは、給排水設備との兼ね合いも必要なので、デザインセンスにすぐれているだけでなく、水まわりリフォームの実績のある業者に依頼するのが得策です。


ナックプランニングは埼玉県戸田市を拠点に、浦和支店・東京本部・神奈川支店・千葉支店・成田支店と関東圏内に支店を構えております。水まわりリフォームの実績も多く、お客さまのライフスタイルやデザインにあったご提案が可能です。コロナ禍を機に水まわりリフォームをしたいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。


<ナックプランニングの施工事例>

https://www.nackplanning.co.jp/