窓の交換で、お手軽で効果の高い断熱リフォームを

 


緊急事態宣言が解除となった今も、ステイホームが推奨されています。この夏はなるべく外出せず、できるだけおうちで過ごそうという方も多いことかと思います。

そのためには、「ずっと居たくなる快適な家」であることが大前提。終日、家で過ごしたくても暑くてたまらない……というのでは話になりません。

そこで今回は前回に引き続き、夏を快適に過ごすための断熱リフォームをピックアップ。断熱リフォームのなかでもとりわけ手軽にできる、「」の断熱化についてご紹介いたします。




■夏を涼しく過ごすコツは、断熱性の高い窓が決め手



家において、もっとも熱の出入りが大きな場所をご存じですか? それは、「」です。

夏は73%の熱が室内に入り込み、逆に冬は58%の熱が室内から外へ流出すると言われています。

せっかくエアコンを入れても、冷気が流れるそばから73%もの熱が室外から入ってくるとなれば、いっこうに室内は冷えません。いわばエアコンの冷気と外部の熱気のマッチポンプ状態で、エアコン代がムダにかかってしまうだけです。

しかし逆に考えてみれば、この窓の熱の出入りをなくせば、室内を快適に保つことができるのです。そこで大切なのが、断熱効果を高める窓の存在です。




■夏の強い日差しを60%カット! 紫外線遮断効果も


出典:LIXIL公式サイト


おすすめなのは、LIXILのインプラスです。

インプラスは今すでにある窓にプラスする内窓のこと。取り付けることで、既存の窓との間に空気の層が生じ、これが壁の役割となって断熱効果をもたらします。


さらにはインプラスのガラス窓の性能にも注目を。

もっともグレードの高いタイプは遮熱高断熱複層ガラスを用いており、遮熱性能・断熱性能・紫外線カットの3つの機能を備えています。室内側のガラスにコーティングした特殊金属膜により、夏は強い日差しをなんと約60%カット。

そして紫外線の遮断率は82%にものぼります。紫外線は肌にとって悪影響をもたらすだけでなく、家具やフローリングなどインテリアの色あせの原因にも。暑さを防ぎながらインテリアを理想の状態に保つことができて、一石二鳥ですね。


そしてもう一つのポイントは、ガラスを囲むサッシのカラーバリエーションとスタイルが豊富にそろっていることです。仕上げは高級感のあるマット調で、光沢をおさえた上品な質感が窓辺の印象をランクアップさせ、インテリアを引き立てます。

サッシだけでなく、ガラスも和紙調タイプも選べるなど幅広いラインアップが魅力です。


出典:LIXIL公式サイト




■熱中症を防ぎ快適に。さらに冷暖房費も節約!



一般的に窓のリフォームと聞くと、既存の窓を壁から外す大がかりな工事をイメージされるかもしれません。しかしインプラスは既存の窓の内側に取り付けるだけなので、工事もかんたん。平均的な作業時間も、1窓あたり約1時間ですんでしまいます。

また業界初の「ダストバリア仕様」により、静電気の帯電を防止する特殊な樹脂を採用することで、ホコリを寄せ付けません。したがって汚れにくく、お手入れがラクなのも特徴です。ほか、空気層による高い遮音性能や、結露のしにくさ、冬は室内の暖かさを外に逃さない効果など、うれしいメリットがたくさんあります。


窓の断熱リフォームは、ご家族を熱中症から守るために大きな役割を果たします。また断熱性がよく日差しをカットしてくれるということは、エアコンのエネルギー効率もよくなるということ。冷房が効きやすくなれば、エアコン代の節約にもつながります。


そのエアコン自体も、一度はプロによるクリーニングをおすすめします。実はエアコンの内部は非常に複雑。ご家庭でできるお掃除だけでは限界があり、内部にたまったカビやホコリが冷気にのって室内に浮遊するため、健康に障る可能性や、機器の故障につながることも。クリーニングにより清潔さを保つだけでなく、エアコン効率や寿命を高めることができます。


ナックプランニングでは埼玉県戸田市を拠点に、浦和支店・東京本部・神奈川支店・千葉支店・成田支店と関東圏内に支店を構えております。今回ご紹介した窓のリフォームだけでなく、遮熱塗料や断熱材の交換など、さまざまな断熱リフォームにより暑さ対策が可能です。猛暑を快適に過ごしたい、エアコン代が高くて困っているなどのお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。