ペットと快適に暮らせる家とは?リフォームのポイントを紹介

犬や猫といったペットは大切な家族の一員です。しかし人間とは体のつくりも習性も異なるため、いろいろな点で配慮してあげる必要があります。中でも重要なのが、住まいの観点で工夫することだと言えるでしょう。ペットと飼い主が共に暮らしやすい家を作るためには、どのような点に目を向ければいいのでしょうか? 今回は、ペットと快適に暮らすためのリフォームのポイントをご紹介します。



■ペットと暮らす家に必要な要素



ペットと暮らすための家づくりで最も大切なのは、ペットの目線に立って考えてあげることです。一般的に、ペットは人間よりもストレスを感じやすい環境に置かれています。それが原因で体調を崩してしまうことも珍しくありません。どうすればペットが快適に生活できるのか、常に考えてあげる必要があります。


一方、飼い主の方にとってもペットのお世話は何かと大変です。ペットは可愛いけれど、ペットが引き起こすトラブルでストレスが溜まる……ということもあるでしょう。そのため、ペットだけでなく飼い主の負担を減らすための工夫も求められます。


飼い主にとっての気になるポイントとして、ペットの鳴き声やニオイ、床につける傷、遊び場の確保などが挙げられます。これらはペットにとっては当然の行動・習性ですから、無理にやめさせるわけにはいきません。なるべくペットを自由にさせつつ、家族の負担を感じない家づくりをすることで、双方が快適に生活できるのです。



■ペットのことを考えたリフォームとは?



ペットと一緒に暮らしやすい家にリフォームする時、まず目を向けておきたいのは床です。ペットが飛び跳ねたり爪で引っかいたりすると、床には傷がついてしまいますし、床の素材が滑りやすければ、ペットが転倒し怪我をしてしまうこともあるでしょう。これらのお悩みには、固めの合板パネルや滑りにくい無垢フローリング、適度に柔らかいクッションフロアやカーペットタイルで対策するのがおすすめです。


また、ペットのトイレはニオイが気になりがちですが、これは設置場所を工夫すると解決できます。最も基本的な対処法は、換気扇の近くに設置すること。よく使う部屋や生活動線から離したり、洗面台の下に設置して見えないようにしたりするのも有効です。調湿・消臭性能の高い珪藻土などを内装材として使い、ニオイを抑えてもいいでしょう。


さらに、鳴き声などの騒音対策としては、二重窓や防音断熱材で家の防音性能を高めるのが効果的です。これらは家の断熱性能を高める効果もありますから、寒さ・暑さが軽減でき、ペットも家族もより過ごしやすい家になります。マンションなどで下の部屋に足音が伝わるのが心配な場合は、先ほどもご紹介したクッションフロアや、防音性能の高いペット仕様のフローリング材がおすすめです。



■その他にも工夫はさまざま! 愛するペットのためにリフォームしませんか?



ここまでご紹介したもの以外にも、ペットのためのリフォームにはいろいろなスタイルがあります。たとえば、走り回れるような庭を作ってあげると、ワンちゃんはとても喜ぶでしょう。ご家族と一緒に遊ぶこともできますし、外出が難しくなってしまった昨今のご時世では、さまざまな用途に使えて便利です。


また、ちょっとした階段であればスロープにすることで、ペットにとって昇り降りがしやすくなります。他にも、ペットがキッチンに入ってきて火傷をしないか心配な時は、火元に触れないようガスコンロをIHに変えてもいいでしょう。ライフスタイルやペットの様子などから改善点を把握し、自分もペットもうれしくなるリフォームプランを考えてみてはいかがでしょうか。



ナックプランニングでは埼玉県戸田市を拠点に、浦和支店・東京本部・神奈川支店・千葉支店・成田支店と関東圏内に支店を構えております。ペットがいるご家庭のリフォーム実績も豊富で、ペットの種類やご家庭の状況にあった最適なプランをご提案可能です。ご家族もペットも快適に過ごせる家へのリフォームをご検討の際は、お気軽にご相談ください。


<ペットリフォームの施工事例>

https://www.nackplanning.co.jp/buildnew?tag=5827


<施工事例はこちら>

https://www.nackplanning.co.jp/buildnew