「絵のようなサッシが額縁」として、お庭が見える素敵な和室

プランニングのポイント

綺麗なお庭、特に樹齢200年の松を目立たせたく額縁に入れた感じで距離感を出しました。
当初は4.5畳で洋室がメインでしたが遠すぎて・・・・8畳とし和室をメインと変更しました。
また洋室は全てダウンライトで目視スペースから照明を排除です。
神棚は工場生産です、一ミリもずれたらだめですのでカンナ作業が時間がかかりました。
古いから壊すのでなく、どこを大切に考えてリフォームするか?それをヒアリングし、要望通りのプランニングをするのがわたしたちの仕事です。今回は変更変更でしたが感動リフォームで涙した物件でした。

  • 場所

    埼玉

  • 施工内容

    フルリフォーム

  • 家族構成

    おじいちゃんおばあちゃん

  • 完工時築年数

    30年

前の施工事例

戸建て

解体時の部材を再利用、「思い出が残る玄関。」

次の施工事例

戸建て

「押入れから神棚へ」、出雲大社造りのお宮まつる部分改修工事

おすすめの施工事例