解体時の部材を再利用、「思い出が残る玄関。」

プランニングのポイント

前回和室をリフォームで洋室にしました。
その時に床の間に会った吊り棚が昔ながらの絵が素敵で
保管しておきました。笹の葉に止まるスズメ・・・素敵です
今回玄関改修にあたり、戸棚が置き棚として再登場です。
障子も小さくし再登場です。
親戚のみんなも思い出深い部材が残り、感動しておりました。
次回は欄間をどこで使うか検討中。
決して既存使用は安くはなりませんが、思い出はお金で買えないかとプランニングしました。

  • 場所

    埼玉

  • 施工内容

    玄関・内装

  • 家族構成

    大人4名子供2名

  • 完工時築年数

    35年

前の施工事例

戸建て

「一色入れることで感じる空間の広がり」 ~建具と押し入れリフォームで空間活用~

次の施工事例

戸建て

「絵のようなサッシが額縁」として、お庭が見える素敵な和室

おすすめの施工事例