COMPANY

会社情報

ニュース

2018.03.24

相談記事

暖房をつけても寒い部屋を、簡単リフォームで暖かくする方法!

 

どんなに寒い日でも、家の中では寒さを感じず過ごしたいですよね。

ところが……暖房をつけているのに室内が暖かくならない。冬になると家の中が寒くて仕方ない。室内が寒いからどうにかしたい、暖かい部屋にしたいという声を耳にします。

リフォームをして暖かい家にしたいけれど、壁や床の断熱リフォームをしないといけないのだろうか?

断熱リフォームは大掛かりな工事になりそうだし、工期も費用もかかりそう……そんな風に考えてリフォームを諦めてしまう方がいます。

けれど、壁や床を断熱リフォームしなくても、暖かい部屋にするためのリフォーム方法があるのです!

ここでは、手軽にできてシッカリ寒さも解消してくれる、リフォームの方法をご紹介いたします。

 

「窓」の断熱性能を上げて、寒い部屋とサヨナラ♪

 

暖房の設定温度を高くしているのに部屋が暖まらない。エアコンをつけてファンヒーターも使っている……など、冬の寒さに困っている方が多いです。

暖房をつけていても部屋が寒いのは、家の断熱性能が悪いからだろうか?
でも、壁や天井の断熱はしてもらったはずだし、家を建ててからそれほど年数は経過していないのに……どうして寒いのだろうと疑問を抱く方も。

暖房をつけているのに部屋がなかなか暖まらないという場合は、部屋の窓をチェックしてみてください。窓の近くに行くと寒いと感じませんか?

窓は室内に光を取り入れてくれる場所ですが、外の空気にずっと触れているので冬は冷えやすく室内で暖めた空気が窓から外に逃げていきます。

また、窓の建て付けが悪いと、隙間から冷たい風が入ってくることも……。

窓をリフォームして断熱性を高め、窓から熱が逃げていくのを防ぐと、部屋の断熱性がグンと上がり寒い日でも暖かく過ごせるようになりますよ。

窓の断熱性能を高めるには、窓そのものを交換する方法以外にも、既存の窓の内側にもう1枚サッシをもうけて二重サッシにする方法や、窓のガラスを交換する方法などいろいろなリフォーム方法があります。

既存の窓の仕様や窓の位置によって、窓のリフォームが違ってきますので、どのような方法がいいのかプロに聞いてみてくださいね。

 

 

断熱リフォームというと、壁や床の断熱性能をアップさせなければいけないと思っている方が多いのですが、冬の寒い季節、暖房をきかせて暖めた部屋の空気の半分ほどが窓から外に逃げていきます。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁「住宅による省エネ」

窓の交換や二重サッシにすると部屋の断熱性がよくなるので、窓のリフォームを検討してみてください。

ただし、お住まいにより断熱の方法はさまざまで、築年数による断熱材の劣化や傷みが生じていると、壁や床、天井の断熱リフォームを行わなければいけない場合もあります。

どのような方法が最善か、プロが点検(インスペクション)するとすぐにわかります。寒さに悩んでいる方は、遠慮せずプロにご相談くださいね。

ページトップへ